選ばれる理由

選ばれる理由についてご紹介します。

顔・身体・心の3つを整える

女性は年齢を重ねるとお肌の悩みだけでなく、身体や心にも様々な不調が出てきます

さらに、40代を超えるとホルモンバランスの乱れから更年期障害といって、常に不調につきまとわれてしまいます。

このように美容だけでなく身体も心にも不調があります。多くの場合、身体や心の不調とお顔の悩みは因果関係があります。その原因である血流、免疫、自律神経といった全身に関わる身体のサイクルは顔だけでなく、身体の施術も必要になってきます

当院では美容の悩みだけでなく、身体と心の不調を整えます。その理由は当院は自律神経失調症や更年期障害を専門分野としておりますので、女性特有の年齢と共に現れる不調に対して施術ができます

血流、免疫、自律神経といった全身に関わる身体のサイクルを整えたうえで、お顔の施術をしますので根本的で内側からも外側からも美容・健康にアプローチします。

誰でも安心して受けれる施術

美容鍼に対して、『痛そう』、『内出血が怖い』とのイメージはありますでしょうか。

実際に痛い思いをした方や内出血でひどい目に遭ったとの声も多く聞いています。

一般的な鍼灸院が行う美容鍼は、『痛みと内出血』のリスクが必ずあります。顔面は、全身の中で一番毛細血管が多いため、『17人に1人の割合で、大なり小なり出血を起こす』と言われてます。

美しくなるために受けた美容鍼で内出血の青あざになっては大変ですよね…

さらに、痛みを感じる神経も全身の中で一番多いので、痛みを避けて施術することは難しいです。痛みに耐えながら美容を追求していては健康面に悪影響が出る恐れもあります

でも大丈夫!

当院独自の鍼技術、『TAKA式美容鍼』がございます。

黄金の刺さない鍼は皮膚を貫通することなく、心地よくうけられる施術です。皮膚を貫通していないので、出血は起きません。

黄金の刺さない鍼についてはこちら

しかも、『TAKA式美容鍼』は、鍼が皮膚に当たる時のわずかな『チクチク感』もかき消して、マッサージ独自の眠ってしまうほどの心地よさを実現するだけでなく、お顔を上げていきます(リフトアップ)。

心地良く、安心して受けていただけるのがTAKA式美容鍼です。鍼が初めての人で恐怖心がある人や、過去に鍼で痛い思いをした人もご安心して当院にお任せください。

丁寧・親切なアフターケア

当院ではサロンの外(施術以外)でもお客さまの美容に役立つ情報提供及びコンサルティング(LINEでの無料相談)を行っています。

当院は文部科学省後援の資格『健康管理士一般指導員』という食事・栄養・睡眠・運動など日常生活の適切なアドバイスができる資格を取得しています。

また、厚生労働省の国家資格である鍼灸師、あんま指圧マッサージ師を保有しているため、病気の知識も十分備えております

健康と美容は特に日常生活が大事です。どれだけ素晴らしい施術を受けても日常生活が乱れていては、施術の効果は持続しないどころか悪化します。そのため、正しい日常生活(食事・運動・睡眠)の知識をつけて、実践しなければならないのです。

また、当院ではLINEの公式アカウントを通じて、1対1でいつでも食事・運動・休養などの日常生活の悩みやセルフケアに関して相談することができます

院内の施術だけでなく、院外のアフターケアもしっかり行いますので、常に安心した気持ちで日常生活を送っていただけます。

黄金の刺さない鍼とは

刺さない鍼だから皮膚を貫通しません

黄金の刺さない鍼は当院独自の施術方法です。純金を自ら加工して、すべて手作りで仕上げたオンリーワンの鍼です。

金は全物質の中で一番エネルギーが高いので、鍼を通して弱った体にエネルギーを補います。

特許庁に登録されている『刺さないはり治療(R)』による施術は皮膚を貫通することなく、皮膚表面のツボを刺激します。

さらに筋膜リリースを同時に行うので、鍼なのにマッサージみたいに気持ちよく安心して施術を受けていただけます。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せ・ご予約ください

052-621-1955

受付時間:9:00~19:00
定休日:木曜・日祝

LINE及びメールでは24時間受付中です。

 

LINEにてご予約・お問合せ希望の方は以下の『友だち追加』をクリックして、自動応答に従ってメッセージを送信してください。

LINEでのご予約・お問合せ(24時間受付)
友だち追加

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せ・ご相談

052-621-1955

受付時間:9:00~19:00
※定休日:木曜・日祝

フォームでのお問合せは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

小塚 高文
 

親切丁寧な対応を心がけております。お気軽にご相談ください。

代表ごあいさつはこちら